ゲストのご紹介


シアトル交響楽団首席フルート奏者

デマーリ・マクギル

名声高いエイヴリー・フィッシャーキャリアグラントの受賞者。

フルーティストとしての活動はソロ、リサイタル、室内楽など多岐にわたる。

15歳でソロ奏者としてシカゴ交響楽団と共演後、フィラデルフィア管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、ダラス交響楽団、サンディエゴ交響楽団、バルティモア交響楽団等との共演多数。

メトロポリタン歌劇場管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団で契約首席フルート奏者、ダラス交響楽団、サンディエゴ交響楽団、フロリダ管弦楽団、サンタ・フェ・オペラオーケストラの首席フルート奏者を歴任の後、2017年9月からシアトル交響楽団首席フルート奏者。 ミリアド・トリオの創立メンバー。

元Chamber Music Society Twoのメンバーで、サンタ・フェ室内音楽祭、Music@Menlo、マールボロ音楽祭、ラホヤ音楽祭、シアトル室内音楽祭、ステレンボッシュ室内音楽祭(南アフリカ)等、室内音楽祭への出場も多い。 室内楽の組織であるアート・オブ・イランの共同創設者、芸術監督。

2014年、クラリネット奏者Anthony McGill、ピアニストMichael McHaleとMcGill/McHale Tioを結成し、2017年8月にCedille RecordsからファーストCDを発売。

「Live from Lincoln Center」(PBS)、「The Gifted Ones」(A&E Network)、「Today Show」「Nightly News」、「Mr.Roger’s Neighborhood」(NBC)などのメディアにも出演。

カーティス音楽院、ジュリアード音楽院を修了し、ジュリアード音楽院の準備科で教鞭を取った後、

現在はシンシナティカレッジ音楽院(CCM)のフルート科客演准教授。


Copyright (C) 2017 日本フルートフェスティヴァルin京都実行委員会 All Rights Reserved.